スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文の英語

くもんの英語

なんだか先生の思惑にハマってしまったような感じでのスタートでしたが
DWEをしていた娘にとっては
朝飯前?だったようで
面白いように教材が進み
3A(2冊)
2A(2冊)
A (2冊)
B (2冊)
C (2冊)
位までは ほとんど復習なしの一発合格で進みました

ここまでは “読み”だけで
書く作業がないですし
赤ちゃんの頃から インプットしてきた英語なので
(というより DVDを見て CDを聞くぐらいでしたが(汗))
親の私たちから見たら 進んで当然で
やっぱりくもんの英語は もっと遅くなってからのスタートでもよかったのかも?
とも思っていました

(そして 公文の英語を始めて 初めて DWEの成果に気が付きました)


はじめて3カ月の 2011年12月(B60)に
進度一覧表基準認定証という賞状を頂いてきて
本人はすっかり 「わたしは えいごが とくい!」 と思い込み(ここ大事!)
やる気ががぜんUPし
次の進度一覧表基準認定証(2012年3月=年少3月)
 (3か月ごとに基準をクリアするともらえるシステム)では
プリント教材に入り D50で 県内2位の成績で
(といっても 全国だと460位 どうなの うちの県!)
ますます やる気になったようです


妊婦時代から幼稚園にあがるまで
人と比べない事をモットーに子育てしてきた自分ですが
いきなり年少から 順位を比べる場に身を投じてしまいました
この点は いづれまた書きたい内容です

しかし本人のやる気とは裏腹に
プリントに入ると “書き”の作業も入り
なかなか思うように プリントをこなすことが難しくなりました

先に先に進むことにも重要性を感じないため
(とはいいつつ 3年先学習でもらえるトロフィーがもらえたら
うれしいだろうなぁ 他の教科のモチベーションもあがるし と
トロフィーは目指してみたい気も残しつつ
プリントは がんばらない無理のないペースで(3~4日で10枚くらい)
進みました
(その為 その後は県内5位前後を 行ったり来たり)


2013年3月(年中3月 5歳2か月)の時点で E160
県内5位(全国709位 ってどんなレベルやねん うちの県)でした

年長を迎えるにあたり
たいしてきちんと取り組んでこなかった
(DVDの流しっぱなし位で 済ませてきた)DWEのレッスンを
腰を据えて取り組むことにし
今までの緩いペースで進むことにしますと
公文の先生にお伝えしましたが
なんだかんだとDWEも たいしてできなかったので
路線を変更し
5月からは 1日5枚のプリントをもらってくることにしました

年長6月には 念願のF教材(小学校6年生レベル)に入り
この調子だと 2014年3月時点での F200(=トロフィー)に達成しそう♪


公文の英語は
2013年の5月にカリキュラムが少し変わり
F教材の書きはやさしくなったそうです


教科書を丸暗記して覚えた私たちの英語の勉強に近いスタイルですが
私も夫もほぼその程度の英語で
文章ははなんとか読めますし
会話も 英語圏の超簡単英会話なら なんとかなる?ようです


公文は 最終的に目指すところはセンター試験レベル
(他の教科の話ですが 英語はどうなんだろう
 センターレベルって センター何割なんだろう?)
だとすると 大学入試では避けて通れない道


DWEも 最後までいくと高校卒業レベルまで網羅しているそうですが
文法の系統だった勉強や(全てインプットされていれば必要ない??)
ライティングの勉強は含まれず
英語全般の下地づくりとしての役割が大きいのかなと思います


DWEとは 全くベクトルの向きが違っているくもんの英語
はじめは しなくてもいいと思っていましたが
今の段階では やってよかったのかなぁ と思っています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

mina

Author:mina
2008年(早生まれ)
現在 年長の
女の子(SUN)のママです

SUNが2歳の時に仕事復帰し
育児 仕事 自分の趣味と
日々 楽しく暮らしています

0歳ではじめた?DWE
年少ではじめた公文の事
習い事など
子どもの教育の事についての
記録です

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。