スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beb Time Review (ベッドタイムレビュー)

DWEを 購入して5年も経つのに まだパッケージを開けていない物もあり
なんとも恥ずかしい話です

『 Bed Time Review 』 (寝る前のお話)も そのひとつでした


すきま時間 遊び時間の『 かけながし 』をしたいなぁ と思った時
最初に出来そうなのが 寝る前のかけながしでした

そういえば そんなCDもあったなぁと
パッケージを破り
さっそく流してみることに‥


子守唄のような オルゴールの音が流れ

into the bed
close your eyes
listen to the storey

とお話が始まります

こちら DWE全編が入っている訳ではありません
CDも全2枚だけで 選ばれたお話がいくつか読まれています


夜の読み聞かせ(日本語の絵本)や 自分での読書が終わって
寝るまでの間 (ほんの10分位)に 流します
1週間位経って ちがうお話(シンデレラ)のCDにしようとしたら
寝る前は いつもの 『 Bed Time Review 』がいいとの事

さすが DWE
いいものを作るなぁ と思います


スポンサーサイト

TE(テレフォンイングリッシュ)



年長になって 本腰をいれたDWE

6月後半より TEも
使うようになりました

インプットは 赤ちゃんの頃からなんとかやってきたし
書きも 公文でがんばっています

ただ 会話という形でのアウトプットがしたいなぁ と
いろいろ探してはみたけれど
検定やお勉強の方に ふってあるもの
教材をそろえなければいけないもの
DWEのラーニングセンターは 遠いし
募集期間も過ぎてしまったし と
なかなか見つからないでいましたが
そうそう せっかく毎月お金を払っているので
活用しよう! と始めたTE
           

ブックレッスンが終わるまでは まだまだです
ブックレッスンが終わると
フリーカンバセーションができます
フリーカンバセーションができるまでの道のりは長いけれども
週に1回約3分 しばらく続けていこうと思います


海外旅行で 私も夫も 
どうしても苦手なのは ‘電話越しの会話’です
面と向かって話す時は 相手もこちらが外国人ってわかるので
多少ゆっくりしゃべってくれる事もあり なんとかわかっても
電話 特に 留守番電話に残されたメッセージは
さっぱりわからない事が多いです 
何度聞いてもわからない事がありました (汗)

TEでは 前後に少し親がしゃべる場面もありますが
定型文を言うだけでも やっぱり緊張してしまいます

しばらく 続けてみようと思います

1000枚チャレンジ



ドッツを始めた経緯は こちらで書きました 


この時 チャレンジ1000を始めたのですが
3月28日にはじめて 3か月で5枚達成☆

1枚目が終わった時は たまたま祖父もいて
大人が3人いたので 胴上げをしました
        めっちゃ うれしそうだった~

(といっても 2重カウント 3重カウントもありです
 ドッツ1枚1個 同じドッツのプリントで足し算をしたら1個
 引き算で1個スタンプ押しました)


いや~ よくがんばった!

5枚終わった時点で ドッツもスラスラ出来るようになってきたので
6枚目から 1枚1個だけにしました

1枚終わったら パーティをしてくださいと言われて
どんなパーティをするかを 1枚ごとに決めていましたが
まだしていません (汗)

 

夢をかなえるお手伝い


親としての私の仕事のひとつが

『 夢をかなえるお手伝い 』
    (『 夢を見つけるお手伝い 』)

であると思っています


広い世界には 
いろ~んな所があって
いろ~んな人がいて
いろ~んな仕事があります

私自身 もっともっといろんな世界を見てみたい!


石川遼くんのように(タイムリーではないですが)
子どもの頃 プロゴルファーになりたい! って夢が見つかり
それに向かっての努力をする事 って 素敵だなぁ と思います


 
パイロットになりたいある少年の話ですが
彼は 暗いところでは本を読みません
パイロットになるのに 目が悪くてはいけないからだそうです
英語を一生懸命 勉強しています
パイロットになるに 必要だからです
世界地図だって よく頭に入っています
飛行機が好きだから!
お休みの日は ママと空港見学にいったり
飛行機にのったりと
ママも協力を惜しみません

これは その子ママの育児ブログで読みました
もし仮に 彼が進路変更して
パイロットにならなくたって
そのために がんばってきた事が
無駄になることはありません

彼の様に 小さいうちに明確で 具体的な夢
(それに向かって がんばれる夢)を持つって
本当に素敵です
でも 実際そんな夢を見つけられる人はほんの一握り


石川遼くんにしても
パイロットになりたい彼にしても
なんらかの形で 親が関わってみつけた夢だけれど 
自分で決めた事は 人に強制されなくても
その道に向かって がんばることができます

小さい時に 見つからなくたっていいし
他の夢に変わったって いいのです

  小さいうちは 叶えるために
  一緒に考えて 必要なスキルを身につけるために
  動いてあげたいし
  自分で考えることができるくらい大きくなれば
  相談相手になったり
  心の中で 応援したりしていくつもりです


大きくなってからだって
おばさんになってからだって
夢があったら いいな と思います



そういう私も 娘に ママの夢は? と聞かれ
絶句する自分が ざんねんさんでしたが
最近は 夢は旅人!と 答えることにしました
      って 友達に言ったら スナフキンになるの?と‥
      いえいえ 浮草な旅人という意味ではありません

公文を始めてよかった事



年少の4月に体験し
5月より 始めた公文
丸2年経ちました

よかったことは 
ずばり 『 学習習慣が身についた 』事

幼稚園時代に 学習習慣なんて
親の私たちには 考えられない事だったよね~ と
夫とよく感心しています

我が家の公文タイムは決まっていて
朝起きてから朝食まで

年少の時は 早寝早起きだったのでこれがピタリときまって
いい塩梅に流れていたのですが
年中時の習い事が 7時すぎ 8時 ひどい時には9時半過ぎに終わることもあり
生活リズムがくるいまくっていまいました

それまでは 起こさなくても
朝になれば勝手に起きるので
時々起きない事があっても
あぁ 睡眠を必要としているんだなぁ と眠らせておきました
(それでも7時を過ぎる事は なかったと思います)
年長になり その習い事を辞め
もとのように 早寝早起きをさせようと思っても
一旦崩れたリズムを もとに戻すのはとても大変です

それでも 遅くとも7時には起き
30分は公文をしてから 朝ごはんというのが日課です
理想は 6時に起き テニスの朝練をしてから
公文をして ご飯を食べれればいいのですが‥

娘の宿題は 3教科分
当然朝の30分じゃ終わらず
残りは帰宅後や 習い事の前のすきま時間にしています

終わりそうもない時
「残していってもいんだよ」 と言いますが
残していくのはイヤらしく 
「やだ やっていく!」と がんばります
それでも 月に1回2回は 残る事もあるけれど
プリントをするのは 苦ではないようです


公文が
歯磨きや お風呂と同じように
すっかり日常の一部として組み込まれている所が
すごいな~と 日々感心しています




公文をはじめたきっかけ



年少の5月(3歳4か月)で公文を始めました

幼稚園には年少の前より 1年半の間 未満児クラスにいたのですが
当時の憧れの3つ年上のお姉さんが 公文に通っており
そのお姉さんが それまた素敵な子で 私も娘も大好きでした

その子のママより 体験を進められて くもんの『く』の字も知らないまま
要は単に「流されて」 の入会でした (苦笑)

今思えば 早期教育なんて 全く意識していない私の転機のひとつでした(年長現在)


英語は DWEをしていたのでパスして
こくごと さんすうの2教科からのスタート

(今思えば 最初から2教科する子って そんなに多くないのかも
 こちらにしてみたら 早期教育なんて考えてないとはいえども
 こくごも さんすうも どちらもそりゃ大事だ! ってことで
 迷いなく2教科にしました)


始めて半年くらい経った頃の面談で
実は先生がこっそり英語をやらせてくださっていたそうで
でも あっという間にテキストが終わってしまったんですよ~ 
本人は何故 続きをやさせてもらえないか不思議に思ってるようで‥
なんて 先生の術中にはまってしまった感も否めないのですが
まぁ本人がやりたいなら いっか☆ という
特に深い思惑もなく 英語をスタートさせたのが
年少の9月でした


きっと そのお姉さんのママから勧められなければ
公文を始めていなかったと思います

公文を始めていなかったら
教育(勉強)について
特に深くも考えないまま
小学校に上がっていたかもしれません


ご縁に感謝です☆

DWEレッスンを始める5歳まで



年長の春
やっと重い腰をあげて DWEブックレッスンを始めました

休日に BOOKに沿って レッスンをします

そして CAPに応募


もう5歳という事もあり
ライトブルーの録音は ラクラク進んでいきます
(今のとこと 3カ月出し続けています)

6月後半より TE(テレホンイングリッシュ)も
使うようになりました


インプットは 赤ちゃんの頃よりしてきました
書きも 公文でがんばっています

ただ 会話という形でのアウトプットがしたいなぁと思い
いろいろ探してはみたけれど
検定やお勉強の方に ふってあるもの
教材をそろえなければいけないもの
DWEのラーニングセンターは 遠いし
募集期間も過ぎてしまったし と
なかなか見つからないでいましたが
そうそう せっかく毎月お金を払っているので
活用しよう! と始めたTE

ブックレッスンが終わるまで=まだまだ
フリーカンバセーションができるまでの道のりは長いけれども
週に1回約3分 しばらく続けていこうと思います






DWEをはじめたきっかけ



DWE(ディスニーの英語システム)をはじめたきっかけ
恥ずかしながら
全く まったく! 覚えていません

多分 何かの記事で 紹介されているのを見たのでしょう

資料を請求し
アドバイザーさんが 家にやってきて説明を受け
(休みだった 夫も一緒に聞きました)
値段が高いのにびっくりし
なるほど ネットで調べてもわからない訳だ と納得し
         今は その頃より値段が あちこちにでていますね
数日だけ悩んで
清水の舞台から飛び降りちゃいました

きっかけが 何だったのか さっぱり思い出せないし
以前から知っていたとか
知り合いがしていたとか
幼児教育 早期教育に興味しんしんだった訳ではありません

英語ねぇ
これからは 出来て当然
         ちょっとできたくらいじゃ 
         アドバンテージにはならないだろう と思っていたので

値段が高かったわりに
あっさり はじめてしまいました

当時のお試しDVDの 女の子の成長記録には驚いた事は
今でも鮮明に覚えています


これだけ書いておいて
要は よく覚えてない! ってことだけで すみません!

習い事番外編



年少9月より ある習い事(体を動かす系)を
勧められるがまま 体験し 始めました

そこは全国大会出場者も大勢いるクラブで
先輩にあたるお姉さん方も
お行儀も 面倒見もすばらしい所でした

内容もよく知らずに入ってしまったのですが
その習い事をするための 習い事が2つ3つあり
(あくまで任意ですが みなさんしている)
スケジュール変更も 日常茶飯事
週末の練習も 当たり前
時には園児も 9時半すきまで拘束されたりしました

在籍の子の結果も素晴らしいし
その子達自身も素敵な子ばかり

ただ そこで続けていくためには
他の習い事との両立は難しく
全てを それに懸けるぐらいの親と子の両方の情熱と時間をそそがないと
ついてはいけないところでした

小学生になるまで 続けて
小学生になる時に 
どれを選ぶか決めようね と言っていましたが
あまりのハードさに 年長に上がる時に
それは辞めて テニスを増やす事になりました

1年半の短い間でしたが
こういう世界もあるんだと 私自身も勉強になったし
全国・世界を目指すという事は どういう事なのか
娘も体感できたようで
テニスもまいにちがんばるんだ!と 気合十分です

やっている時は 本当に大変で 胃をわるくしそうでしたが
今思えば いい経験でした






サッカー


娘が 何故 サッカーがしたいのか?
今でも さっぱりわかりません

とってもガーリーで
女の子 女の子した女の子です (へんな日本語!)
サッカークラブは 男の子ばかりだし
かといって 男の子が好きな訳でもなく‥


幼稚園に外部のサッカークラブの先生がいらっしゃって
週に1回降園後に サッカー教室があります

年中から入れるサッカー教室
始まった時は 他の習い事と重なって行けませんでしたが
すぐに他の習い事の先生の都合で曜日が変更になり
サッカーを習う時間が出来ました


サッカー習ってみる? と聞いたら
サッカーしたい!ということで 
年中5月=4歳から 習い始めました


子どもだし 何でもしてみたいのか?とも 思うのですが
じじ(私の父)が 一緒に剣道するか? と聞いた時は
『剣道しない』だったので
なんでも したい訳でもなさそうです

とりあえず
鈍くさいけれども 体を動かすことがキライでなくてよかった
子どものサッカーは 運動能力を高めるにもいいそうだし
幼稚園の間は 続けそうです 

テニス


娘は 標準サイズで 生まれました
が 母乳大好きで 好きなだけあげていたら
どんどん太って 年長の今に至るまで ぽっちゃりさん

私に似れば 鈍くさくて当然なのですが
マラソンも かけっこも ダントツのビリ‥

これは もう個性として受け止めている私たち(親)なのですが
2人ともスポーツが大好き(私は鈍くさいけれど)なので
体を動かす楽しさも 教えてあげたいな~ と思っていました


赤ちゃんの頃から テニスコートに連れて行っていたので
お話できる位に大きくなると 自分もテニスがしたいと やる気まんまんです

年少の春=3歳に テニススクールに入りました
(っていっても 園児は テニスというより
体を動かす遊びが メインです)

週1回のテニス(テニスになってないけれど)が 一番楽しいらしく
年長になり 他の習い事が減った分 テニスを増やしたいというので
年長の春=5歳からは 週2回に増やしました


やめてしまった厳しい習い事のおかげで
上手になるためには 毎日練習しなければいけないと
園児にして 既に知っている娘

早起きして 公文の前に パパとテニスの練習をしていますが
(といっても マンションの廊下でするので 
バランス感覚のトレーニング等 ボディワーク中心です)
起きれなくて できない日も‥



私たち夫婦は 結婚する前から 同じテニススクールに通っています
今のクラスでは 第一線で活躍している高校生と一緒に習っています
私の卒業した高校の後輩(進学校)もいて 
今年のインターハイ出場が決まった子も!

高校生と一緒に練習していると
娘が大きくなった時のことを 考えます

娘が高校生になった時(10年後)いい練習相手になれるように
私もこれからの10年 気合をいれて頑張らねば!と思えるし

毎年毎年 高校生と一緒だと
あの子が もう高校生になった 
あの子が 大学終わって帰ってきた などとしみじみたり

なかでも 一番強く感じるのが
“高校3年間の短さ”です

勉強にしても 運動にしても
3年間は アッという間

小さいうちに 公文をがんばって 下地をたくさん作って
余裕を持って 高校に上がれれば
高校時代 勉強もスポーツもがんばれていいのかな~ と
今の段階では思っています 


娘の今年の七夕のお願いは 『テニスの選手になりたい』 でした
がんばってね☆

スイミング



ベビースイミングを 0歳6か月の時から通い
スイムフレンズという 水遊びクラス
4歳8か月で 本科(泳ぎを習うクラス)に入り
現在に至っています


おけがで 水遊びは大好き!
旅行の時は 必ず水着を持っていきます
ホテルのきれいなプールで泳ぐ事は
娘だけでなく 私も夫も大好き☆
お休みの日はパパと2人でプールに行く事もしばしばです


どこまで続けるのかな?
気持ちよく25m泳げればいい ぐらいに思っていましたが
ベストスイマー (1級の上 ちなみに今は 15級)になりたい と
言いだしました
  いいんじゃない!

スポーツの中でも
水泳とスキーは 運動神経の良し悪しに左右されにくいというのが
私の持論です

高校生の時 私のように鈍クサイ友達で
この2つが とっても上手い子がいました
私は スキーだけは 子どもの頃から訓練されていたので 得意でした

大学生の時に もっと泳げるようになりたいと
スイミングスクールに通い 普通にきれいに泳げるようになりました

インターハイやオリンピックを目指すレベルなら別ですが
経験によって
普通に泳いだり 楽しく滑ったり することが 楽しく出来るようになるなら
それに越したことはないと思ういます



鈍クサイ私も 大人になってから 自発的に楽しめるようになりました
水泳 テニス マラソン(楽しくなかったけど TRYしてみたかった)
どんなスポーツでも スポーツ以外でも
『自分で こうなりたい!』と思う事は 大事だと思います


ベストスイマーという目標を見つけた 娘
毎月の昇級テストで とびっきりの笑顔を見せてくれたり
がっくりと肩を落とし 何故ダメだったかを分析したりしています

今のところ 泳ぐ事が 楽しいらしくて 連れていく甲斐があります☆


どこまで続くでしょうか
楽しみです


ブログのタイトル

子育ても 教育も これという正解はなく
本当に 『 十人十色 』だと思います


同じ日本の中でも 
住んでいる地域によって
選ぶ学校によって
環境・状況が違っています



私は SUN(娘)より少し少し上年の かしこい子のママに
誘われて公文をはじめたわけですが
先人の歩いてきた道は とても参考になりました


ありがたい事に 今はネット環境が充実していて
たいていの事は 調べる事が出きて
調べ始めると 知らなかったもっとよさそうな事柄などにも出会い
目移りしそうになってしまいます
すごい子 すごい親をみると 
比べてしまいたくもなりますが
そこは 比べても仕方がないと気を取り直します

時々 教育熱心なママ友と話していても
当然のことながら 考え方が自分と同じ部分 違う部分があり
教育って 本当に人それぞれだな~ って思うのです



『 十人十色 』と 名付けたブログのタイトル通り
みんな違う子育て・教育の中で
私が 先輩方の知恵をお借りしたのと同様に
我が家の体験が 誰かのお役に立てればなぁ と思った事が
ブログをはじめた理由のひとつです

   まだ 海のモノとも山のモノともわからない
   我が娘の記録なんぞや 誰の参考にもならないのでしょうが(苦笑)


( もうひとつは その時は熱くなっていて
  こんなことは 忘れないだろうと思っていた事でも
  意外にすぐに忘れるんだなぁ という事が多々あるので
  備忘録としてです)














 

はじめまして

はじめまして

2008年早生まれの女の子の母です

長く通った幼稚園ももう少しで 卒園
2014年春には 1年生になります

年少までは 
ひたすらのんびり のびのび
人と比べず 褒めて笑って
雑誌や 育児書もほとんど読まず
子どもとがっつり向かい合った子育てをしてきました
とても楽しく いい経験でした



が 幼稚園に入てから
私の感覚がかわりました

4歳以降は 親の戦略!
(何歳までかは わかりません)

親が ぼ~っとしていても 出来る子はいますが
うちの子は いたって普通のアタマの持ち主なようなので
私は夫と知恵をしぼって格闘中

それも また楽しいので
ブログとして しばらく記録を残してみようと思います


数あるブログの中から
見つけて 読んでくださって ありがとうございます
コメント 大歓迎です☆









プロフィール

mina

Author:mina
2008年(早生まれ)
現在 年長の
女の子(SUN)のママです

SUNが2歳の時に仕事復帰し
育児 仕事 自分の趣味と
日々 楽しく暮らしています

0歳ではじめた?DWE
年少ではじめた公文の事
習い事など
子どもの教育の事についての
記録です

最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。