スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語 G(中1)教材へ!


公文英語をはじめて2年・年長の夏に
F教材が終わり G教材(中1)に入りました

これで 来夏のトロフィー決定です!
やった~

小さい頃から 英語に親しんでいたので
この程度の英語なら すぐ進んでトロフィーなんてすぐもらえるって
思っていましたが
ライティングが ちょっとネックでした

といっても もっと小さくてもっと進んでいる子も
たっくさ~んいるし 書くという作業も嫌いではないので
今年の春からは 1日5枚のプリントをし
(年中までは 2~3日で5枚)
2年かかって Gに上がりました


Gになると G教材おめでとうのキーホルダーがもらえて
さらに うれしい様子
自分は中学生問題をしている という自覚も芽生えて
いい感じです☆

このままの調子で いったいどこまで行けるんだろう?
スポンサーサイト

公文の面談



SUNが通っている公文では この時期年に1回の個人面談があります

随時面談してもらえるので 私はだいたい3~6か月に1回は
面談してもらっていますが たいていは年1回だそう


結局 公文論みたいな話になって
SUNの進度の話は ほとんどしませんでした (汗)

かしこい頭をつくる というところに重きがあるので
中・高生になった時 定期テストとは全く連動していない公文
短期的な成績を上げるという事とは対極のところにある公文


小学生終わる頃までに中学終了ぐらいまできていれば
定期テストも余裕を持って臨めていいのかな
と 先生と展望を立ててきました



指導者が 確固たるヴィジョンを持って
やればやるほど この教材の素晴らしさに気が付くと断言する公文式
今回 面談に行ってみて
やっぱり公文に行かせてよかったな
がんばって最終教材まで行くのをフォローしていきたいな と強く思いました

公文との出会いは 間違いなくウチの教育のターニングポイントです



                                  ますます そろばんどうしよう‥

公文 小学生の先



先の事は その時になってみないと なんとも分かりませんが
ある程度 こんな感じかな~ と予測を立てる事はできます


       といっても私自身 幼稚園児の自分の子どもが
       毎日公文をするようになるとは 思ってもみませんでしたが(汗)

今は 他の勉強がないので 公文は自由気ままに?やれています
今後はどうなっていくのか わからないなりに
夫と話し合ってみました
(こういう話は 車で中・長距離移動中に話します)



私の住んでいる地域は 私立中学はありません
受験して入る中学は 国立の付属中学しかありません
そこでなければ 公立の中学に行くことになります
どちらでも 勉強の進度はあまりかわらないので
付属中学 または公立中学に進学する事を前提とした話です

小学生のうちは いいとして
中学生となれば 定期テストがあります
定期テストの勉強をしなければいけません


公文の学習は 学校の進度とは全く別に進められていくので
定期テストの時 テスト勉強とは違う公文の勉強は どうなるのか?を
夫と車で移動中に話し合ってみました

  ・ 大幅に学力に余裕がある場合
       テスト勉強と 公文は両立できる
       英語など ほとんどしなくていい教科の余力を
       理科や社会など 公文のない教科に当てる事が出来るのではないか
       (なぜか 国語は できて当然 と思っている私達)

  ・ 定期テスト対策を びっちりしないと点数がとれない場合
       期間中 公文はお休み
       あるいは 中学になったら やめる??



最終教材までやり通したい! と目標を立てて
私も大賛成なので できるだけのことはやってみようと思っています


ただ進む という事を考えれば
小学生のうちに 出来るだけ進んでおく というのがベターですが
小学生で 戦争と平和 とか ニーチェとか が わかるのか?が わかりません
(実際 小学生で最終教材まで終わっている子もいるのですが‥)


大幅に学力の余裕をもって 中学に進むという事もふまえて
(いわゆる中学受験といわれている 厳しい受験勉強もないので)
小学生のうちに 小学生で理解できる範囲で? できるだけ進んでおくのがいい
というのが 私達の今の段階での結論でした




 

     

夏休みの公文 2013年 (計画編)

夏休みの公文を どうしてやろうかと (イヒヒ)
そわそわしている母です

公文は 娘にとって 好きとか嫌いとかではなく
生活の一部=やって当然なもの になっています

一歩でも先の 先取り学習を目指して がんがん進むのではなく
毎日毎日 少しずつ進んでいくスタイルで来ているし
それが 今の娘や私にとって無理がなくていいと思っています

毎日たくさんしない代わりに
公文のある日も ない日も 同じように毎日する事は
娘にとっては ごくごく当然の事で
公文を始めてから ずっと続いています
(公文のある日は 宿題がないのが 普通らしいです)


そんな マイペース着実型の娘の公文スタイルですが
夏休みは ちょっとだけがんばる事にしています
がんばりすぎると イヤになるし
せっかくの夏休み☆ たのしく過ごしたいので
ちょっとだけ☆



2012年 夏休みは ちょっとがんばって以下の様にしていました

こくご  10枚/1日
さんすう 10枚/1日
えいご   わすれた(汗)


来週 公文の面談なので 先生と相談して最終決定しますが
2013・年長児の今年は
普段より こくごだけ5枚増やして
こんな感じにしたいと思っています


こくご  10枚/1日
さんすう 15枚/1日 ( 朝10枚 夜5枚 ) 
えいご   5枚/1日






夏休みの公文 2012年



2012年 夏休みの公文の記録です 
(昨年の事なので 覚えている範囲で)


普段の宿題は 公文のある日もない日も 同じようにしています
2012年 年中時は 以下の通りにしていました

こくご  5枚/1日
さんすう 5枚/1日
えいご  5枚/2日

2012年 夏休みは ちょっとがんばって 以下の様に

こくご  10枚/1日
さんすう 10枚/1日
えいご   わすれた(汗)


とっても がんばったね!と思った事と
がんばった事を 娘が公文の先生に お手紙を書いたら
先生から お返事を頂き 喜んだ事を覚えています


小学生になったら もっと忙しい日々になるでしょう
がんなりすぎない程度に 
いつもより ちょっとだけがんばる位のつもりで
いきたいと思っています
 




プロフィール

mina

Author:mina
2008年(早生まれ)
現在 年長の
女の子(SUN)のママです

SUNが2歳の時に仕事復帰し
育児 仕事 自分の趣味と
日々 楽しく暮らしています

0歳ではじめた?DWE
年少ではじめた公文の事
習い事など
子どもの教育の事についての
記録です

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。